元彼と復縁する為の考え方

  • 2012/04/23(月) 21:07:32

以前、元彼から電話やメールで連絡があった時の記事で、「1度別れてしまったカップルがよりを戻しても、また同じ理由で別れてしまうカップルが多い」と言いましたが、別れた原因と自分の気持ち次第では上手に復縁することも可能です。


合コンセッティングならRINOVA STYLE

利用者の満足度が最も高く、実績もトップクラス、無料で会員登録ができるの で、月額払い制や、全額払いに比べ初期費用を抑えられます。なにより、リアルに出会えるというのがいいですよね!




「元彼と復縁したい!」と強く想っている女性も多いですが、まずは復縁を考える前に別れた原因と今の自分の気持ちを客観的に見て考えてみましょう。

別れた原因を考えてみる

例えば、些細なケンカなのに売り言葉に買い言葉で、ついつい別れを切り出してしまった、または切り出されたなど、一時的な感情から別れに至った場合は復縁できる可能性は高いです。出来るだけ早く、冷静に素直な気持ちを元彼に伝えましょう。

一時的な感情からではなく、例えば“浮気”のような原因から別れに至った場合、復縁できる可能性は低く、もし復縁できたとしても、“浮気した・された”という事実は変わらないので、同じ理由でケンカしたり、再び別れてしまうケースが多いです。

「自分・元彼は別れた原因を許せるのか」、「復縁した後に再び同じ理由でケンカや別れ話はないのか」と別れた原因をしっかりと考えてみましょう。

自分の気持ちを客観的に見て考えてみる

自分は本当に「元彼と復縁したい!」と思っているのか客観的に見て考えて見ましょう。失恋をした時には代償行為という心理が働き、孤独や寂しさを満たしてくれる存在を求める傾向がありますが、それを元彼に求めてしまうケースも少なくありません。

孤独や寂しさから逃れるだけの復縁ならば、もし復縁できたとしてもお互いにとってプラスになることは無いでしょう。

そこで、私から自分の気持ちを客観的に見て考えられる質問をしたいと思います。

「もし、1週間後に、あなたが憧れている芸能人・有名人から告白されるとしても、あなたは元彼と復縁したいと思いますか?」

非現実的で単純な質問ですが、この質問に対して素直な気持ちで「Yes!」と答えられる人のみ、復縁を考えるべきなのです。

別れた原因を考えた結果、別れた原因をしっかりと受け止められ、「元彼と復縁したい!」という気持ちは孤独や寂しさからではなく、「元彼以外の男性は考えられない」と思える人に向けて、また後日、復縁する方法について書きたいと思います。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

グッチ アウトレット

恋愛心理学 〜男の本音〜 元彼と復縁する為の考え方

クロムハーツ

恋愛心理学 〜男の本音〜 元彼と復縁する為の考え方

クロムハーツ ネックレス

私がいた推奨このウェブサイト私のいとこによって。 私はね 誰も誰他に私は約そのような詳細を知っていないとして、このポストは彼によって書かれているかどうかわからないトラブル 。 あなたがしている 信じられない 。ありがとうございます。

クロムハーツ メガネ

バーゲン 絵画 。 これは、 | の種類の種類 そのはずインターネット| |ネット| { ウェブ全体で周り共有することが} 。 恥上{ 求める |グーグル}の今しないポジショニングこの提出 高い 。んにわたってさあ、 私 。 ありがとう = )

ニューバランス 574

うわー。この可能性があります 我々はしましたブログ今までこの主題で全体で到着します。最も の特定の一実は 優秀な 。 私はも専門家このトピックのしたがってそう、私はあなたのを理解することができます。

ニューバランス 574

バーゲン ! VIべき間違いなく確かあなたに感心、発音サイト 。タブと関連アクセスするために行う| | 簡単簡単本当になってしまったの情報を情報 |私は何の問題すべてすべてをナビゲートがありませんでした私は最近、私はあなたはそれが知っている前に望んでいたことがわかった。 合理かなり珍しい。 、 ウェブサイトテーマ| 何かをフォーラムを追加したり、人のためにそれを感謝する可能性があります。あなたのためのトーンの方法クライアントは通信することができます。タスク.. | 優秀ニース

シャネル ブレスレット

人 必ずしも作る役立つアシスト 大きく 記事 私は思います状態。 これは、 一番最初の私は頻繁に時間あなたのウェブページとこれまで?とリンクした|私はびっくりびっくり 分析あなたがする作ら作る この特定 ポスト 信じられない 。 ファンタスティック プロセス 。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する